昨今光回線業者がお年寄りの自宅を訪れて強引な勧誘や契約をさせる事件が報告されています

ここのところ、光回線業者がお年寄りの自宅を訪問し、強引な勧誘をしたり、判断力の劣った高齢者をうまく言いくるめて契約させるなど、光回線に関連した契約トラブルが増えています。
この事態を受けて、総務省は契約後8日以内なら問題なく解約が行える光回線契約に際し2015年にもクーリングオフ制度を導入する方針を明らかにしたのでした。
私の住んでいる場所は、おしくもwimaxのエリア外です。
wimaxは外出先でも利用できるし、動画を試写するのにも十分に観れる速度なので、希望するならお願いしたいのです。
転居する予定はないため、今後、通信範囲が拡大してくれることをぜひお願いします。
光回線の申し込みの際、回線速度が速いと聞いてもあんまりイメージが浮かばないものです。
しかし、実際に使用してみると、早いという実感は得られなかったとしても、遅い際は強くストレスと感じます。
常にどのくらいのスピードであれば自分が心地よく利用できるのか知っておかないといけないと痛感します。
とてもリーズナブルなお値段でスマートフォンが昨年ぐらいから関心が高まってきていますが、大手3社以外の通信ブランドでワイモバイルというものがあります。
お手頃価格な様ですが、どの地域があるのか、実用に耐え得るかといった不安要素があり、契約時にはあまり必要性が感じられなかったという印象です。